賃貸管理のウィルステージ/世田谷区下北沢アパートマンション経営

東京・下北沢アパートマンション経営/賃貸管理

その契約大丈夫? 事業用物件のトラブル発生

先日契約したはずの店舗。
今になって融資がNGで破談になるかもしれない

以前一般媒介でお世話になった大家さんから電話が。その物件は、競合2社(A社、B社)とウィルステージが一般媒介で募集しているのですが、今回は他の案件でバタバタしていたし、他社が入れたテナントさんだったのでウィルステージが募集したとしても募集を邪魔するだけだと思い、敢えて募集はしませんでした。

その後すぐに次のテナントが入るのが決まったという連絡が。ただ聞くと最初に聞いていた競合2社(A社、B社)では無く、抜きにかかったC社。大家さんも当初はためらったらしいのですが、空室の恐怖に勝てずに容認してしまったらしいのです。まあ私とすれば特に動いていたわけではないのでC社がやらかすのではないかという気持ち悪さはあったものの、私が突っ込む話ではないと静観しておりました。

居抜きとすれば秀逸の物件だったのに…

その話から1ヶ月以上経っており、前のテナントの解体工事も終わったそうなので当然C社紹介のテナントで決まったものだと思っておりました。ヒドイのはその店舗、居抜きで募集していたのをC社紹介のテナントは居抜きの業種と違うのでワザワザ解体させてこの始末。前テナントの内装はまだ全然キレイでしたし、他に居抜きで検討されている方は居たと聞きます。

少しでも心のある不動産業者であれば、融資の承認が出るまで、解体はせず停止条件等で契約を結ぶのではないかと。C社の目論見としては解体してしまえば、A社、B社が居抜きで募集していたのを防ぐことが出来ますし、承認が出なかったらスミマセン、で済ませるんでしょう。

結果オーライであればよいのですが

最初から信頼できる業者に任せれば良かったのになあ。週が明けて、承認が出ましたであれば結果オーライなのですが、NGだった場合、力になれるかどうか分かりませんが出来る限りフォローさせては頂きますが、今後は訳の分からない不動産業者と取引するのはヤメて欲しいと釘を刺させていただこうと考えております。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top