賃貸管理のウィルステージ/世田谷区下北沢アパートマンション経営

東京・下北沢アパートマンション経営/賃貸管理

入居者同士のトラブル

入居者同士のトラブル

入居者同士のトラブルは、賃貸物件全体に波及します!雰囲気の悪いところにだれも居たくはないでしょう?空室率上昇に繋がる大きなリスクです!

賃貸管理における入居者同士のトラブル

 

▼ 賃貸経営 入居者同士のトラブル

最も多いのが、『音』のトラブルです。

些細な音でも過敏に反応する人、全く気にしない人
個人差があり非常にやっかいな問題です。

▼ 知りたいあなたの「OKレベル」(アットホーム社調べ:回答1,000人)

独身の場合 カップルの場合
1位 生活騒音 (54.9%) 1位 生活騒音 (49.2%)
2位 ゴミの出し方 (28.8%) 2位 特になし (32.5%)
3位 特になし (28.8%) 3位 ゴミの出し方 (27.4%)
4位 共用スペースの使い方 (22.3%) 4位 共用スペースの使い方(22.8%)
5位 駐輪場の使い方 (11.9%) 5位 駐輪場の使い方 (11.6%)
ファミリーの場合 全体の場合
1位 生活騒音 (44.0%) 1位 生活騒音 (49.4%)
2位 特になし (34.4%) 2位 特になし (31.7%)
3位 ゴミの出し方 (27.5%) 3位 ゴミの出し方 (27.9%)
4位 共用スペースの使い方 (21.9%) 4位 共用スペースの使い方 (22.3%)
5位 違法駐車 (14.4%) 5位 違法駐車 (11.1%)

友人を自宅に呼んで大騒ぎをする / 音楽を大きな音量で聴く /  太鼓ゲーム といったものから、
ファミリー層が住む物件では、子供の足音が問題になることも少なくありません。

過去に都内のマンションで、階上に住む男児が跳びはねる音により精神的な苦痛を受けたなどとして訴え、裁判所は階上の入居者に36万 円の支払いを命じた判例もあります。

入居者同士のトラブルは未然に防げ!

入居審査を厳しくしたからと言ってこういったトラブルの抑止は難しく苦情を受けた際の管理業者の客観的かつ的確なジャッジが必要です。

昨今では、昔と違って「周りに対する迷惑」を第一に考えない人間が増えてきています。時代といってしまえば悲しいところではありますが、譲り合いの精神がどんどん薄れていく大都会東京ですから、適宜対処が大事となっています。

ごまかすように適当に処理している業者や大家さんもよく見かけますが、それでは後に火種を残すようなもの、問題の先送りです。いずれまたくすぶりだすとともに、それは他の入居者へも影響する恐れもあります。誰だって、雰囲気の悪いところにはすみたくはないですから。

しかしながら、

こうしたトラブルを未然に抑え、かつ入居者が不満を感じない賃貸管理品質を維持することで、空室率の低下=入居率の上昇を実現することが可能です。

当社では、巡回清掃にて共有部分の清掃のほか、退去後の清掃/建物維持管理についてもオーナー様、入居者様、双方にご満足いただける管理品質をご提供しています。

継続的かつ安定的な賃貸経営のために、管理品質を最大限にキープし、皆様にお届けするのが当社の使命です。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top