賃貸管理のウィルステージ/世田谷区下北沢アパートマンション経営

東京・下北沢アパートマンション経営/賃貸管理

契約代行・社宅代行業務について

契約代行・社宅代行業務について

ある程度の規模の会社が社宅としてるケースで賃貸借契約を結ぶ際、契約代行(社宅代行)業者を間に挟むことが多くなって来ました。

主に契約、更新、解約などの窓口となります。

契約、更新なんかは書類が右から左へ流れるだけなので
まあ、どこでも出来ます。
問題は解約。
代行業者に依頼する理由として、ほとんどの企業は解約時のやり取で揉めた場合に面倒なのでというところが多いのだと思います。ただ肝心な退去時の立ち会いに来ないというのが代行業者のデフォルトなので万が一揉めた場合、入居者、管理会社、代行業者でワケの分からないやり取りになる事が多いです。

また介入するところとしないところが中途半端なので割りと借主とのやり取りで矛盾する場合があり難儀します。

今回も、退去の立ち会いでニアミスがあり言った言わない的な話をなるべく、企業側に代行業者のミスではないことをアピールしたいために、意味のない書類にサインしてくれとか余計な仕事を増やすという・・・。
業務の合理化を図るために出来たモノだと思うんだけど仕事のための仕事を他社にも、委ねるのは勘弁して欲しいものです。

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top