賃貸管理のウィルステージ/世田谷区下北沢アパートマンション経営

東京・下北沢アパートマンション経営/賃貸管理

サブリースは不動産業者にとって麻薬のようなもの (1)

サブリース で検索してこちらのページにアクセスされる方が増えてきました。同時にサブリースに関する相談も増えました。なんで、おたくはサブリースに関して否定的なのか?

なんて事も言われました(笑)。

本音のところでお話ししますと優良なサブリース物件は喉から手が出るほど欲しい なぜならば、こんなに儲かるからです(笑)。グラフは、通常の取引(一応管理料5%としました)とサブリースでの取引で 2年間の内に業者に入る収入になります。
家賃を10万円 消費税は数字が見えづらくなるので無しとしました。 礼金 2ヶ月 免責期間2ヶ月とします。サブリース料は募集家賃の90%とします。

20090627_585763

2年間で 通常取引 220,000円の収入対してサブリースは約3倍640,000円の収入が得られる計算となります。まあ、上手くいけばの話ですが。

ここで1つ、見慣れない言葉があると気付かれた方がいると思います。

 

免責期間

 

これが、まさにサブリース契約の肝なのです。

すみません・・・続きます。

 

(最終更新:2016年2月1日)コメント1件1418

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top